会社概要

 

~よねざわ新田~

初代が上杉景勝公と共に越後から転封となり米沢に移り住み、十六代目新田留次郎が機屋初代として明治17年に新田を創業。
品評会にて数々の賞を授けられ、米沢袴地といえば新田とまで言われるようになった。
二代目熊雄は、絽袴などの新製品を開拓していった。
三代目秀次・富子と紅花の宿命的な出会いは、昭和38年に始まる。
以来、幻の花といわれた紅花にとり憑かれ、ひたすら自ら納得のいく色を出すために染め続けてきたのである。冬の米沢。紅花染めは、寒さの最も厳しい真冬に染める色が美しいという。 新田家のたゆまざる研究と努力から生まれた織糸は、たとえようのない重ね染めによる百色の色相をただよわせる。
現在、四代目英行もその精神を受け継ぎ、ものづくりに励んでいる。

糸染めから織りまでの一貫作業を社内で行っておりますので、その都度品質を検査しながら、風合いを確かめ、着心地の良さ、着る人を引き立てる製品を目指し、物づくりをしています。米沢織、新田を知っていただく為、昨年より全社を挙げてイベントを企画、開催しております。今年も予定しておりますので、お楽しみに。


       benibana
  はるか昔、シルクロードの長い長い道を年月をかけて日本へと伝えられてきました。山形に入ってきたのは室町時代です。あざみに似た可憐な花で一本の茎にいくつもの花をつけ。末の花、最後の花まで摘むことができることから別名「末摘む花」ともいわれます。
清らかな水、澄んだ空気、輝く陽、この中で育った紅花は真っ白な絹を鮮やかに染め抜く染料へと変わります。江戸中期から幕末までが最盛で「紅一匁金一匁」といわれる程大変高価なものでした。

 商品紹介

 ・ 八重霞
昭和38年 発表時から製作し続けていますが ひとつとして同じ色が ありません。新田式くくり染を使い、米沢の四季を表現している商品です。
 ・ 夏着尺
紬産地にめずらしく、夏用のシャリ感のある着尺ができあがりました。ちりよけのコートとしても使用できそうです。
 
 ・ 紬袴
真綿手紡糸を使用し、はきごごちのよい袴です。お茶席やパーティに自信をもって着ていただけます。色々な色を取りそろえています。
 ・ 米澤平
明治17年創業から袴を製作しつづけております。はきごこち、光沢の美しさ、ともに兼ね揃えています。当社を代表する袴です。昔ながらの細いたて糸、よこ糸に無燃糸を使用しております。
 
 ・ 半巾帯
・裂き織り半巾 新田の着尺を裂いて織り上げました。ざっくりとした風合いが着る人を粋に見せます。
・紬半巾 全シーズン通して紬・小紋と幅広いおしゃれを楽しんでいただけます。
 ・ 手織八寸帯
糸の‘ふし,をあえて選んで、多くの糸にほどこしました。布に独特の表情と質感を出すことができました。帯としては稀にみる軽さで、盛夏を除くシーズンを通して締めていただけます。
・ 和小物
和小物も各種取り揃えてございます。ネクタイ、ショール、風呂敷、めがねふき、インテリア和雑貨 他。気軽に楽しく 和のエッセンスを日常に取り入れてみてはいかが?
ワードプレス用
   
 社名 株式会社 新田
 事業内容  創業明治17年 糸染めから織りまでの一貫作業を行っております。
着る人を引き立てる見る人を楽しませる製品を目指し物づくりをしています。
 住所  〒992-0039 山形県米沢市松が岬2丁目3-36
nitta
 電話番号/Fax  0238-23-7717(Tel)
 0238-23-7727(Fax)
 代表取締役  新田英行